ラウンジ

羽田空港POWER LOUNGEのレビュー。カードラウンジらしからぬ洗練されたラウンジ。

こんにちは!学生修行僧のホールディングです。

今回は、羽田空港の国内線ターミナルにあるカードラウンジ、「POWER LOUNGE」について書いていこうと思います。

カードラウンジらしからぬ高級感のあるラウンジ。有意義な時間を過ごせること間違いないでしょう。

POWER LOUNGEとは

 

POWER LOUNGEは、羽田空港国内線ターミナルにあるカードラウンジです。

第1ターミナルに3か所、第2ターミナルに2か所あります。

(第2ターミナルにはもう一つ「エアポートラウンジ」というカードラウンジがありますが、少し雰囲気・系統が異なるのでここでは扱わないこととします。)

POWER LOUNGEの場所

 第1ターミナル

 第1ターミナルには、2F出発ロビーの制限エリア(保安検査よりも後のエリア)に2ヵ所(POWER LOUNGE NORTHとSOUTH)、1F到着ロビーの一般エリアに1ヵ所(同じくCENTRAL)があります。

f:id:inakagakusei:20191017171450p:plain

特に制限エリア内にも2ヵ所あるというのが大きなポイントです。通常、カードラウンジは制限エリアよりも手前の一般エリアにあることが多いです。

一般エリアのラウンジだと、退出した後で保安検査を受ける必要があります。保安検査は所要時間にばらつきがあるため、多少余裕をもって行かなくてはなりませんよね。直前でバタバタしたり、逆に時間が余ったりなんてこともしばしばです。

一方の制限エリア内。不確定要素である保安検査を先にパスしていますので、搭乗時間までラウンジでゆっくりすることができます。考えてくおくべきは搭乗口までの移動時間だけですので、安心ですね。

3か所すべて、出発時・到着時ともに利用することができます。到着後も利用できるのはポイント高いですね。

第2ターミナル

出発ロビーの制限エリア内、エスカレータを上った3Fに1ヵ所(POWER LOUNGE NORTH)、一般エリアの3Fに1ヵ所(CENTRAL)あります。

f:id:inakagakusei:20191017171454p:plain

一般エリアにあるPOWER LOUNGE CENTRALは出発・到着ともに利用可なのですが、制限エリア内のNORTHは出発時のみの利用となります。

これは、第2ターミナルの構造に由来しています。第2ターミナルでは、出発と到着の導線を完全に分けています。物理的にラウンジにたどり着けないようになっているというわけです。したがって到着時にはNORTHには行けません。ラウンジに行きたい場合にはCENTRALを利用しましょう。

POWER LOUNGEの営業時間

同じPOWER LOUNGEでも、場所によって営業時間が若干異なるので注意です。

まずは第1ターミナルから。

第1ターミナル営業時間
NORTH6:00~20:30
SOUTH6:00~21:00
CENTRAL6:00~20:00

続いて第2ターミナル。

第2ターミナル営業時間
NORTH6:00~21:30
CENTRAL6:00~20:00

どこも営業開始は同じ6時ですが、終了時刻が場所により異なります。一般エリアにあるCENTRALの終了が早くなってますね。

POWER LOUNGEの利用条件

通常、利用料金1000円+税を支払うことで入場することができます。

(消費増税前の写真のため現在とは異なります。ご注意ください。)

ですが、対象のクレジットカードを持っていれば、搭乗券などフライト情報が分かるものと一緒に提示することで無料で入場することができます。 

対象のカードは写真の通りです。

また搭乗券等と言いましたが、JALのタッチ&ゴーやANAのskipサービスなどを利用していて紙の搭乗券がない場合保安検査場通過の際のレシートや、スマートフォン等の予約画面でも代替可能なので心配ありません。

POWER LOUNGEの中の様子

さて、それでは中のラウンジスペースの様子をご紹介します。

モノトーンを基調とした中に木材を織り交ぜた、洗練されたデザインになっています。

大学生の身分で家族カードを使って初めて入った時に、その内装の質感の良さに気圧されてものすごい場違い感を覚えた記憶があります。笑

カードラウンジではいかにも席が詰め込まれていて密集度が高いというのがありがちですが、このパワーラウンジでは一人当たりのスペースが広く、PCを広げてもなお余裕があるくらいです。

また、このラウンジはスペースが横長に広がっており、その外側のほとんどが窓になっていることも開放感を助長していると思います。

単純に自然光の明るさが心地よいですし、さらに駐機場の飛行機まで見えるとあれば飛行機ファンにとっては最高ですよね。

また、全席にコンセントとUSBポートが設置されています。PCとスマホを同時に充電することもできますよ。

POWER LOUNGEのドリンク

POWER LOUNGEでは、ソフトドリンクを無料でいただくことができます。

第1ターミナル・CENTRALを除く4ヶ所では、同じドリンクのラインナップになっています。

ドリンクバーはこんな感じ。これは第2ターミナル・CENTRALのものですが、どこのラウンジも同じような感じです。

カードラウンジにありがちな、ファミレスとかにあるディスペンサーとは一線を画すスタイル。炭酸飲料が一切ないことには一種のプライドすら感じるところです。笑

さて、具体的なメニューは

コーヒー各種

牛乳

黒酢ジュース

豆乳入り青汁

アイスコーヒー

オレンジジュース

トマトジュース

となっています。

全体的に気取ったワンランク上の洗練されたメニューな気がしますね。

個人的なオススメは豆乳入りの青汁

青汁というとザ・健康食品で不味そうな響きですが、ここのものは豆乳で調整してあるからか、すっきりして美味しくいただけるので毎回欠かさず飲んでいます。

もちろん他にもたくさんメニューがありますから、たくさん通って自分のお気に入りを見つけるのもいいと思います!

なお、第1ターミナル・CENTRALに限ってはドリンクの提供体系が若干異なります。

コーヒー類は同じなのですが、

違ってくるのはそれ以外のソフトドリンクです。ボトル、コップではなく、紙パックやペットボトルによる提供になっています。

ただ、ラインナップは青汁やオレンジジュースなど、他のPOWER LOUNGEと同じようなものとなっています。

 

早朝にはクロワッサンもあり!

 

飲み物が無料でいただけるだけで十分ありがたいのですが、ここPOWER LOUNGEでは、開店直後の早い時間であれば、軽食としてクロワッサンをいただくこともできます!

開店時間から提供されており、なくなり次第終了という形です。1人何個までといった制限は特にありません。なので、なくなるのも比較的早いようで、おおむね8時台までに品切れになるようです。

早朝のフライトの際はぜひ召し上がってください。

 

まとめ

 

以上、羽田空港のカードラウンジ、「POWER LOUNGE」について書いてきました。

いい意味でカードラウンジとは思えない内装、広さ、メニューを誇るPOWER LOUNGE。対象のクレジットカードさえ持っていれば無料というのが信じられないくらいです。

ビールを飲まない方や状況であれば、JALサクララウンジなどの航空会社のラウンジよりも居心地がいいとすら感じるほどです。

ぜひ全5か所コンプリートしてみてくださいね。

 

ご参考までに羽田空港国内線のJALサクララウンジについての記事も置いておきます。

羽田空港国内線サクララウンジに初潜入。CLUB EST特典とクリスタルラウンジクーポンの優先順位は?こんにちは!学生修行僧のホールディングです。 つい先日ですが、OKA-SINタッチというものをしてきました。厳密にはシンガポールに...

 

それでは今回は以上。

ありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です