旅行記

茨城空港という選択肢。コスパ最強な3つの理由。

こんにちは!ホールディングです。

皆さん、茨城空港って使ったことありますか?まあ、普通に考えれば使うことないと思います。関東在住であれば、無難に羽田・成田を選択しますよね。

しかし、この茨城空港、使ってみると結構メリットも多く、茨城県と千葉・埼玉・栃木の一部など、周辺の方にとっては十分に選択肢の一つとなりうるのではないかと思っています。今回は、茨城空港が有効な選択肢である理由3つを語っていきたいと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 茨城空港という選択肢.png

就航キャリアはスカイマーク

茨城空港は、国内線ではスカイマークのみの就航となっています。就航地は新千歳、神戸、福岡、那覇となかなかのバランスのよさ。各1~3往復を飛ばしています。(新型コロナ影響で減便あり。)

キャリアがスカイマークという点が、茨城空港の大きなストロングポイントです。そのメリット2つを以下に記述します。

①航空券がとにかく安い

まず大きなメリットとして、航空券の圧倒的な安さが挙げられます。一例として、執筆日の2カ月後である2020/10/12の新千歳行きで茨城発と羽田発と比べてみます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ibr_sky-1007x1024.png

結果はご覧の通り。正直新型コロナの影響で羽田発でも十分すぎるくらい安いですが、そこはいったん置いておくとして。茨城発は、羽田発に比べて需要が薄い地方路線であるからなのか、ベースの運賃設定が若干低めになっています。中でも夕方発の795便は早期割引型のいま得で\5,970と、LCC並みの暴力的価格を打ち出しています。JALやANAでは底値でもここまでの価格にはなりませんから、大きなメリットと言えます。

ただでさえ安いスカイマークだが、茨城便はさらに安い。LCCに匹敵することも。

②受託荷物が無料

安さも魅力ではありますが、ただ安いだけで終わらないのがスカイマークの真の魅力です。スカイマークはLCCではないため、一定水準のサービスが運賃の中に含まれているのです。その中でも一番助かりそうなのが手荷物を無料で預かってくれることかと思います。スカイマークは20kgまで無料で預けることができるようです。(詳しくは以下HP参照。)

お預けの手荷物|手荷物|スカイマーク SKYMARK

LCCよりも余裕のある座席に手荷物預かり、座席指定までついて先ほどの値段ですから、トータルのコスパで言ったら明らかにスカイマークに分がありそうですね。荷物が多くなりがちな長期の旅などにオススメです。

スカイマークなので、手荷物を無料で預けることが可能。

茨城空港利用のメリットは?

ここまでは茨城空港利用のメリットというよりは、スカイマーク利用のメリットといった感じになってしまいました。次の3つ目で茨城空港の強すぎるメリットをご紹介しますので、ご安心ください。

③駐車場が無料!いつでも、何日でも!

茨城空港の最大のストロングポイントは、何日停めても駐車料金が無料であることです。第1、第2、第3+臨時駐車場含めて約3600台のキャパがありますので、連休中などでも十分駐車することが可能です。(駐車可能時間は5:30~22:00まで。)

第1駐車場 682台 (大型バス、身障者用含む)
第2駐車場 636台
第3駐車場 188台
臨時駐車場 約2,100台

なお、14日以上の長期にわたって駐車する場合には届け出が必要とのことなので、その点にはご注意ください。詳細は以下の公式HPを参照のこと。

施設案内 | 茨城空港

羽田や成田を利用する場合は公共交通を使うか、もしくはそれなりの料金を払って駐車するという選択になってくると思います。荷物が多い長期の旅行だと、交通機関利用だと移動が大変だし、車だと駐車料金がかさむし、、、となりがち。

その問題を完全に解決してくれるのが、「茨城空港を利用」という選択なわけです。行き返りはマイカーで、荷物が多くても快適。駐車料金もかかりません。長めの旅行・荷物の多い旅行にもってこいの空港と言えます。

茨城空港は駐車場が無料!荷物が多い旅行に最適。

まとめ

というわけで、茨城空港利用のメリットについて書いてきました。空港までは車で楽々移動。そこから手荷物預け入れ無料のコスパ十分のスカイマークで国内へ旅行。

マイカーがある方や、長期の旅行など荷物が多い旅行抜群の相性の良さを発揮する空港であることがお分かりになったかと思います。一度ご自宅から茨城空港からの距離を調べてみて、そう遠くない!となった方には試してほしい、そんな空港です。

【全便欠航】茨城空港の今 こんにちは!ホールディングです。 新型コロナウイルスの感染拡大により各方面に影響が及んでいます。 航空需要の減退は中でも大...

今回はここまで。ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です