JCG修行

JALカード「CLUB EST」でのラウンジ入室方法。那覇空港で国内線サクララウンジに初めて入った話

こんにちは!学生修行僧のホールディングです。

 

この前、シドニー帰りにOKAタッチをしたのですが、その帰りの那覇-羽田便搭乗の際にCLUB ESTの特典を利用して国内線サクララウンジに初めて入ることができましたので、今回はその話を。

 

成田空港で利用できるか?と思ったけど

 

まずシドニーから成田に着。続いては成田から那覇へのフライトです。JALで予約したのですが、ジェットスター運行のコードシェア便でした。便名はJALになってるから、ラウンジ使えるのか?と思いCLUB ESTのHPを見てみると、

f:id:inakagakusei:20190927160730p:plain

 

「ジェットスター・ジャパンが運航するJAL国内線コードシェア便ご搭乗時には、ご利用いただけません。」

の文字が。これは残念。ですがあきらめるしかありません。

というわけで初の国内線ラウンジは那覇で、という運びになりました。

 

後日(というか書いている今)思ったのですが、成田空港ってそもそもJALとジェットスターのターミナル違いますよね

JALは第2ターミナル、ジェットスターは第3ターミナル。当然JALのサクララウンジは第2ターミナルのそれも保安検査場よりも奥にあるのですが、ジェットスター便に乗るときは第3ターミナルで保安検査を受けますね。根本的にジェットスターのコードシェア便利用者はサクララウンジに寄ることが物理的に不可能というわけです。

たぶんこれがラウンジ利用不可の一番の利用です。コードシェア便だからってラウンジに入れてくれないなんてケチだなと思った自分がバカですね。

 

 

帰りの那覇でサクララウンジへ!

というわけで帰りの那覇空港でリベンジです。

ラウンジ利用者とはいえステータス保持者ではないので、チェックイン、保安検査まではJGCレーンとかではない普通のところで済ませます。

ちなみに、那覇空港ではチェックインと保安検査のフロアが違うので、JGCカウンターの代わりに優先レーンというものが用意されていました。早く解脱してこっちを使いたいものです。(たぶん修行終わったら那覇に行くことなんてないと思いますが。笑)

 

 

入口

 

保安検査をくぐったら、左に向かいましょう。

すぐ左手にラウンジの入り口があります。

f:id:inakagakusei:20190927163811p:plain

自動ドアを抜けて少し奥へ向かうと、受付になります。

ホントにCLUB ESTでラウンジが使えるのか?と不安になりながら、受付の方に

「これ(CLUB EST)でラウンジ入れますか?」

と尋ねると、

「大丈夫ですよ!カードをこちら(リーダー)にかざしてください」

とのこと。写真の黄色で囲ったカードリーダーにCLUB ESTのJALカードをかざすと、手続きが一瞬で完了です。ホッと一安心して、中へ入ります。

なお、CLUB ESTの場合、フライトの予約時にJMBにログインができていればそれ以上の手続きは不要です。同じお得意様番号のCLUB ESTのJALカードをかざすだけでラウンジに入ることができます。

右が先ほど来た道。左に行くとラウンジです。それでは中へ行ってみます。

 

 

中の様子

 

入口にフロアマップがありました。

そこまで広くなく、シンプルな作りになっています。

 

ラウンジまでの廊下の脇に、ダイヤル式のクロークと、携帯電話の通話スペースがありました。

 

 

ドリンク等

 

中に着くと、まずはドリンクコーナーが見えてきます。

f:id:inakagakusei:20190927165348p:plain

奥からコーヒーメーカー、お茶類、おつまみ、水。

手前には泡盛とウイスキーがありました。沖縄らしくていいですね!

 

その奥のカウンターがこちら。手前にタッチパネル式のドリンクバーがあります。このコップはドリンクバー用で、ビールグラスは別なのでお気をつけて。

 

一番奥にあるのが冷蔵庫です。なかにはご当地のシークワーサージュースとグァバジュースのほか、牛乳、アイスコーヒー、トマトジュース。

下段にはビールグラスがあります。

 

それらの間にあるのがビールサーバーです。中身はこれまたご当地のオリオンビール地元のものがいただけるのってとてもいいですよね。那覇旅行はバタバタしててビールなんて飲む暇なかったので、ここでいただけて良かったです。

左手の冷蔵庫にあるグラスをセットして、ボタンを押すと自動で注いでくれます。ドリンクバーのグラスとお間違えないように。

 

 

ラウンジスペース

 

席数はそこまで多くないですが、きれいなラウンジでした。

 

こちらは一番奥のスペース。椅子の隣の棚の下には、機内持ち込みもスーツケースがぴったり収まるようになっていました。こういうちょっとした気遣いが素敵です。

 

こちらはドリンクスペース横の窓側席。那覇空港のサクララウンジは、滑走路側には面していません。したがって、窓側でも眺めはそこまでよくはないです。窓側の人気がないという、珍しいラウンジでした。

 

中央のテーブル席。見て分かるように、ほぼすべての席にコンセントとUSBの挿入口が完備されています。携帯等の充電もばっちりです。

 

 

トイレ

 

トイレも木目調でとてもきれいでした。

非常に心地よく利用することができます。

 

 

まとめ

 

全体的にすごくきれいだと思いましたが、1年半ほど前(2017年2月)にリニューアルされたみたいですね。新しいものしか知らないのがなんとも新参っぽくて恥ずかしいですが、、、笑

 

というわけで、CLUB ESTの特典を利用して国内線サクララウンジに行ってきた話でした。

利用方法は簡単で、

・JMBにログインした状態(お得意様番号が登録された状態)でJAL便を予約

・CLUB ESTのJALカードをサクララウンジ受付のカードリーダーにかざす

という流れです。

 

20代限定最強カード、CLUB ESTに関しての詳細はコチラ。ラウンジ利用可、FOP上乗せなど、20代なら入らない理由がないですよ

20代限定のJALカード「CLUB EST」について。ユーザーが語る20代なら絶対加入すべきワケこんにちは!ホールディングです。 今日は、僕が保有しているクレジットカードに関しての話題です。 それがコチラ。「JAL CLUB...

 

それでは、今回は以上。

ありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です