JAL一般

プレミアムエコノミーって本当に価値があるのか。エコノミーとの差額、ペイできてますか?

こんにちは!学生修行僧のホールディングです。

 

今年、プレミアムエコノミークラスでシドニーとシンガポールを往復するなどしてJALの上級会員であるサファイアを達成しました。

そのあと、バンクーバーに行くことに。もう修行も終わったし、上のクラスに乗る意味もお金もないのでエコノミークラスでのフライトになりました。

【JAL】エコノミーとプレエコの違いを徹底比較。スペースの違い、サービスの違い。こんにちは!学生修行僧のホールディングです。 前回、成田→バンクーバーの旅行記を書きました。修行も終わったので、普通にエコノミーク...

 

久々のエコノミーへの搭乗となったのですが、世界一のエコノミー」とも呼ばれるJALのエコノミーだけあって、十分快適でした。

”高い金払ってプレエコ乗る必要あるかな?”と冷静になって考えてみたので、今回はそのことについて私見を述べたいと思います。

 

運賃はだいたい2倍

 

まず運賃を比較してみます。僕が勝手に考えた主要路線(東京からシンガポール、ニューヨーク、ヘルシンキ)に関しての運賃比較。

2019年11月現在から2020年6月の運賃を検索したものです(片道、税・サ別)。

 

都市 エコノミー最安値 プレエコ最安値
シンガポール 24,500 53,500
ニューヨーク 52,500 90,500
ヘルシンキ 42,500 112,500

これを見ると、都市によって若干差はあるものの、プレミアムエコノミーはエコノミー最安値のおおよそ2倍になっていることが分かります。

往復で5~10万円の差ということは、滞在中のホテルを1ランク上げてもまだ余るくらいの額ではないでしょうか。結構大きな価格差です。

 

 

プレエコにあってエコノミーにないもの

 

そんな高額のプレミアムエコノミー。どんな特典が付くのかを見ていきます。

 

座席に関して

 

座席は広いです。シートピッチはおよそ20㎝の差があります。

f:id:inakagakusei:20191115092951j:plain

エコノミーは膝がつきそう(でもつかない)のに対し、プレエコは脚を組んでも余裕。

まあスペースが広いに越したことはないのですが、どちらも膝がつかないのであれば大差はないかなと個人的には思ってしまいます。寝るときの快適さもそんな変わらない気がしました。

 

なお、座席の幅ですが、最大1㎝しか変わりません。変わるのはアームレストの幅。小物が置けるようになる程度です。

 

より広い席が好まれる理由として、より良い睡眠をとるためというのがあると思います。

今年プレエコで3回、エコノミーで1回夜行便に乗った僕が正直に言いますが、睡眠の質はプレエコとエコノミーで大差はないと思います。

確かに前後幅は広がるのですが、所詮同じリクライニングという方式をとっている以上、本質的な差は生まれないからだと思います。フルフラットにならない限りは。

長時間連続で眠れない、翌朝足に疲労がたまりむくんでいるといったデメリットはエコノミー・プレエコともに共通したものでした。

 

「飛行機に乗っている間に疲労しないように広いプレエコを利用する」というのは正直現実的な意見ではありません。

そういう考えならビジネス以上をとらないと意味ないです。

 

 

機内サービスに関して

 

機内サービスとしては、ドリンクの種類が少しだけ増えてシャンパンとかが飲めるようになったり、アメニティが充実してスリッパとマスクがもらえたりといった具合です。

シャンパン。まあ特別感はありますが、これのためにプレエコ乗るって感じではないですよね。

 

 

専用チェックイン

 

プレエコ利用時は専用のカウンターの「プレミアムエコノミークラスチェックインカウンター」を利用できます(ない空港ではビジネスクラスカウンター)。

これはかなり強い特典です。この前行ったときなんて1人しか並んでなかったですから。

同じ時間のエコノミークラスカウンターはしっかり行列してました。

 

ただ、上のクラスのカウンターを使う方法って、実際にそのクラスに乗る以外にもたくさんありますから。

以下の条件を満たすことで、ビジネスクラスのチェックインカウンターの利用資格が得られます。

 

・JALの上級会員になる(クリスタル含む)

・JALカード「CLUB-Aカード」以上のカードを持つ

・20代限定のJALカード「CLUB EST」を持つ

上級会員は難しい条件ですが、他の2つは違います。

CLUB-Aカードに関しては普通カードの1種ですから、クレヒスの事故がなければすぐに切り替えできます。

CLUB ESTも同様。20代限定というのはありますが、誰でも作れるカードです。このカードに関してはチェックインカウンター意外にも特典もりもりで最強のカードなので20代の皆さんは今すぐに切り替えてほしいくらいです。

20代限定のJALカード「CLUB EST」について。ユーザーが語る20代なら絶対加入すべきワケこんにちは!ホールディングです。 今日は、僕が保有しているクレジットカードに関しての話題です。 それがコチラ。「JAL CLUB...

 

というように、確かに専用カウンターは意味のある特典ではありますが、プレエコ利用で獲得すべきなのかというと疑問符が残ります。

 

ラウンジ

 

プレエコ利用時はJAL指定のラウンジを利用可能。これも大きい特典の1つです。

ラウンジでは食事、アルコールを含む飲み物、シャワーの利用等が無料です。

f:id:inakagakusei:20190801165451j:plain

 成田空港サクララウンジにプレエコで入室した例↓

平民の学生でもプレエコ利用で入れる!成田空港国際線サクララウンジのレビュー。こんにちは!ホールディングです。 先日、国際線サクララウンジに初めて行ってきました。 JALのラウンジは、基本的にサファイア...

非常に居心地がいいですし、非日常感を味わえていいのですが、果たしてこれのためにプレエコを使うべきかというとこれまた疑問です。

空港の飲食店でたらふく食べて飲んで、シャワールームを借りてシャワーを浴びたとしてもエコノミーとプレエコの差額には到底届かないからです。

客観的に見て、ラウンジが使えるから価値がある!とするのは無理があります。

 

手荷物優先

 

「プライオリティバッゲージサービス」という、到着地で預け入れ手荷物が早く出てくるというサービスもあります。これはなかなか有効なサービスです。荷物を早く受け取れればその分税関にも早く並べるので、実時間で言うと結構な差があると思います。

また、これは正真正銘プレエコ以上利用者か上級会員のみのサービス。それだけに一定以上の意味があると思います。

 

 

まとめ

 

プレミアムエコノミーの価値について議論してきたわけですが、ざっくりまとめると

1.前の席との間隔が広い

2.若干サービスがいい

3.専用のチェックインカウンターを使える

4.ラウンジを使える

5.手荷物を早く受け取れる

といったところです。

個人的には1,2にはほとんど価値がないと思っていて、3~5にはそれなりの価値があると思います。

ただ、3は対象のJALカードを持つだけで利用対象になれます。4,5は一般的には対象になるのは難しいですが、そこに両クラスの差額の価値があるかと問われると疑問です。(もっと言えば僕はすでに上級会員資格を取得したのでこれらの特典は無条件に享受できます。)

 

というわけで、単にホスピタリティの向上を期待してプレミアムエコノミークラスに搭乗するというのは愚策である、というのが僕の意見のまとめです。

エコノミーとの差額を貯めておいて滞在先でいいホテルに泊まるか、何回分か貯めてビジネスクラスに乗るかした方がよっぽど賢いと思います。

 

僕がプレエコ利用をオススメできる人は「修行中でFOPがたくさんほしい人」くらいですかね。積算率100%は嬉しいです。そのうち70%になっちゃうみたいですが。

プレエコで修行してたくさんFOP貯めて、解脱したら一緒にエコノミー乗りましょう。世界一のエコノミー。十分快適ですよ。

 

今回はここまで。ありがとうございました!

 

COMMENT