JCG修行

大学生でもJGCを目指す~JGCへの入会条件~

こんにちは!ホールディングです。

 

今回は、JGC(JALグローバルクラブ)への入会方法ついて書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

JCGとは?

某番組でタレントさんが修行されてるとかで若干知名度アップ中のJGC(Jal Grobal Club)。

簡単に言えば、JALの飛行機にたくさん乗る常連さんのための「お得意様クラブ」みたいなものです。

JGCの会員になると、ラウンジが無料で使えたり、専用のチェックインカウンターを使えたりと特典がいっぱい。JAL公式のHPの「JALグループ便をいつもご利用いただいているお客さまへ格別なサービスをお届けする会員組織」という文言にたがわず、充実したサービスを享受することができるようになります。

JALグローバルクラブ – JALマイレージバンク より。

 

ここに入会する方法はたった一つ。JALの飛行機にたくさん乗ることです。どれだけ入会金を積んでも入ることはできません。JALやグループのワンワールドアライアンス運行の飛行機に一定以上乗る必要があります。

 

 

 

詳しい入会方法

では、実際にどうすれば入れるのか。JALのHPを見てみましょう。

HPには以下のように記載があります。

 

JALグローバルクラブ(JGC)は、以下の条件を満たされたお客さまがご入会いただけます。

  • ・1〜12月の12カ月間にJALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便にJMBのマイル積算対象運賃でご搭乗いただくと積算される「FLY ON ポイント」が50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上のご搭乗実績があること。
  • ・JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかをお持ちいただけること。
  • ・JALグローバルクラブ規約を遵守いただけること。

(JALマイレージバンク – JALグローバルクラブ:ご入会にあたって より引用)

 

この3つの条件を満たせばいいわけですね。

1つずつ見ていきましょう。

 

 

 

①搭乗実績

まず1つ目が、以下の搭乗実績というものです。

・1〜12月の12カ月間にJALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便にJMBのマイル積算対象運賃でご搭乗いただくと積算される「FLY ON ポイント」が50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上のご搭乗実績があること。

 

これだけ搭乗すれば、JALにお得意様だと認めてもらえるということですね。

お読みになると分かるように、この条件の達成方法は2通りあります。

ごく簡単に言うと、

・「FLY ON ポイント(FOP)」を50,000ポイント以上貯めること

・50回以上搭乗すること

の2つです。前者を「FOP修行」、後者を「回数修行」と呼ぶことが多いです。

これら2つに関して、別々に説明していきます。

 

 

 

FOP修行

FLY ON ポイント(FOP)を50,000ポイント以上貯める、という方法です。そのうち、25,000ポイント以上はJALグループ便(JAL、JTAなど)でなければなりません。他社機材での運行のコードシェア便でも、JAL便としてカウントされます。搭乗する便の便名がJLで始まっていればOKです。

JALの所属するワンワールドアライアンスの各航空会社(アメリカン航空、ブリティッシュ航空など)の便への搭乗時もFOPが貯まるのですが、半分以上はJAL便で稼がなければならないということですね。JALのお得意様になるのだから、当然といえば当然ですね。

 

そもそもFOPってなんだ?っていうところからお話ししなければなりませんね。FOPは、フライト時に加算されるポイントで、マイルと混同しがちですが、計算方法が異なります。

基本的には、

FOP=(フライトマイル)×(換算率)

によって計算されます。

フライトマイル=(区間マイル)×(利用運賃によるパーセンテージ)

なので、

FOP=(区間マイル)×(利用運賃率)×(換算率)

とも言えます。

 

区間マイルは簡単で、2点間の距離のこと。例えば、羽田-那覇間で言うと984マイルです。

 

利用運賃率は、利用する運賃によって変化するものです。国内線だと普通運賃等の100%からパッケージツアー等の50%、国際線だとファーストクラスの150%からエコノミークラスの30%までがあります。特に国際線では同じエコノミーでも、価格帯によって100%-30%までの開きがありますので、予約時に注意が必要です。

 

FOPの換算率は、地域によって異なる倍率のことです。

JAL国内線・・・2.0倍

JAL国際線(アジア、オセアニア行き)・・・1.5倍

JAL国際線(その他地域)、ワンワールド便等・・・1.0倍

といった具合です。国内線とアジア、オセアニア行きの国際線は他の便に比べて優遇されています。そのため、FOP修行では主にこれらの便を使うのが一般的です(羽田-那覇やシンガポール行きなど)。

 

試しに羽田-那覇間を先特運賃で利用したときのFOPを見てみます。

FOPは、JALの公式ページから調べることもできます。

JALマイレージバンク – マイル数(Pontaポイント)をしらべよう!

先得運賃は75%の運賃区分のため、

FOP=(フライトマイル:984マイル)×(75%)×2=1476

ということになります。

那覇の単純往復で50,000FOPを達成するには、30往復位しなければならないことになります。2日で6レグ、1日で4レグとかもできなくはないですが、結構きついですよね。実際には、シンガポールなどの国際線を絡めて修行する人が多いです。僕もそうです。

 

 

 

 

回数修行

次に回数修行です。簡単に言うと50回以上飛ぶこと、詳しくは

 50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上のご搭乗実績があること。

です。(JALグローバルクラブ – JALマイレージバンクより。)

 

この回数修行は、とにかくフライトの回数が大事です。東京-ニューヨーク間の1回も東京-大阪間の1回も同じ1回としてカウントされます。

よくあるのが、沖縄や鹿児島の離島をひたすら行き来して回数を稼ぐ、通称「アイランド・ホッピング」。また福岡-宮崎間も定番の一つであるようです。

もう1つの条件として15,000FOPがありますが、50回飛ぶころには基本的に達成しているようですね。もし達してなかったら那覇往復とかしましょう。笑

 

 

 

 

②カード

2つ目の条件に、

・JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかをお持ちいただけること。

とあります。

 

つまりどういうことかと言うと、普通カードでは入会ができないということです。

また、これらのカードを作る際には、当然ですが審査があります。したがって、修行を始める前に、最低でもCLUB-Aカードを作っておいた方がいいということです。FOP等を満たしたのにカードの問題でJGCに入れない、という事態は避けたいですよね。

CLUB-Aカードは、普通カードのサービスを充実させたバージョン、という扱いなので、ゴールドカードのように審査は厳しくありません。普通カードを持っていて、クレジットヒストリー(クレヒス)に問題ない方であれば基本的に審査をパスできます。

ただ、これらのカードは年会費が高めになっています。CLUB-Aカードだと、10,000円+税です。

ただ、JGC自体は年会費はかかりません。カードの年会費が実質JGCの年会費、といった感じでしょうか。

 

 

 

 

③規約の遵守

これは簡単ですね。

・JALグローバルクラブ規約を遵守いただけること。

JALマイレージバンク – JALグローバルクラブ 規約

こちらに詳細が載っています。と言っても量もさして多くなく、シンプルな内容です。

 

 

 

 

 

以上のように、3つの条件を満たすことでJGCへの入会資格が得られる、というわけです。ここを目指して、頑張っていきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です