JCG修行

シドニーから帰国。プレエコ+OKAタッチ旅行記

こんにちは!学生修行僧のホールディングです。

 

留学先のオーストラリアから帰ってまいりました。

シドニー-成田間はプレミアムエコノミークラスで、

シドニー→成田→那覇→羽田と乗り継いできました。OKAタッチってやつですね。なんだかんだ人生初沖縄でした。といっても半日でしたが。笑

今回は那覇に着くまでを旅行記にしていこうと思います。よろしくお願いします!

 

シドニー→成田

 

出発まで

 

シドニーを8:15発、成田着が17:15という便でした。

プレエコ利用でラウンジが使えますので、なるはやで到着したかったのですが、JALのHPを見るとチェックインが出発の3時間前開始とのことで、午前5時頃に空港に到着するように電車で向かいました。

地下鉄・空港国際線ターミナル駅。

カウンターについたのは5:05とか。まだカウンターが開いてませんでした。カンタスのラウンジは午前5時からやってますので、もう少し早くからやってほしいものです。

とはいえ、着いてすぐ、5:10より前だったと思いますが、少し早めにカウンターがオープン。すぐに手続きを済ませました。

ちなみに、シドニー国際空港のJALカウンターには、プレエコ専用のレーンはありません。こういう場合は、ビジネスクラスカウンターを利用できることになっていますので、遠慮なくビジネスカウンターに並びましょう。

 

その後、最速で出国審査と保安検査を済ませます。

プレエコ以上の利用者は、出国審査にて快速レーンに行けるExpress passなるものをもらえます。

しかし、早朝なこともあってかそもそも出国者自体が少なく、あまり意味を成してなかったです。まあもらえること自体はうれしいですね。

 

そしてラウンジへ。お土産は前日までに全部買ってあったので、免税店には目もくれず一目散にラウンジへと向かいました。

ラウンジでの朝食。

ラウンジの様子。

詳しくは他の記事でレビューをしていますので、そちらもご覧ください。

シドニー国際空港Qantas Club Lounge。朝食とドリンク類について、ノンステータス大学生のレビューこんにちは!学生修行僧ホールディングです。 オーストラリアへ留学に行っておりましたが、帰国の時がやってきました。留学先からシドニー...

 

そして搭乗ゲートへ。プレエコはラウンジ利用はできても優先搭乗はできないという微妙な立ち位置(2019年9月現在)ですので、ギリギリまでラウンジにいてほぼ最後尾で搭乗するのが自分なりの最適解です。搭乗口についたらもうエコノミーの搭乗が始まっていた、なんて状況だと最高ですね。とかいって遅れないようには気を付けましょう。

 

※現在、プレエコ利用者も優先搭乗の対象になっています!詳しくは↓で。

【2019/10/16から】JAL国際線の優先搭乗の方式が改訂。プレエコとクリスタルに変化アリ。こんにちは!学生修行僧のホールディングです。 JAL国際線の優先搭乗のカテゴリー分けが変更になりました。 システムの都合上延期に...

 

空港の搭乗口付近の様子。

787に乗って、出発です。

 

 

機内にて

 

席に着きました。プレエコは広くていいですね。

水平飛行になるまでって結構暇ですよね。メニューを見るなどして過ごしました。

朝だったし、いきなりお酒はちょっとなと思って炭酸水を頼みました。

少しすると昼食が出てきました。といっても10時くらいですが。ブランチのような感じです。ラウンジ利用すると食事の間が開かないのが難点ですよね。太ってしまいそうです。笑

メインは豚の黒胡椒炒め。やっぱり日本米はいいですね。他のサラダやソバもおいしかったです。

そしてオーストラリアの名物お菓子、ティムタムも。

さらに、食べ終わるころにアイスクリームまで出てきました。これもオーストラリアのモノみたいですね。

フタのうらにスプーンが格納されていました。頭いいですね。でも今回は普通に機内食のスプーンで食べたほうが食べやすいです。笑

 

そのあとはひたすら暇な時間。日中の便は夜行便と違って睡眠という最高の時間つぶしがないので、本当に時間を持て余します。映画を見るのがそんなに好きではない僕にとってはかなり辛い時間でした。映画を一本だけ見て、あとはオフラインでもできる携帯ゲームをするなどしました。

 

着陸の2時間前になると、もう一度機内食の提供があります。

パスタとサラダ、チョコのムース。どれもおいしかったです。

これが終わると、あわただしく下げて、着陸準備、そしてすぐに着陸という流れでした。

 

 

成田→那覇へ

 

シドニーからの便が若干遅れたこともあり、乗り継ぎ時間は1時間半弱。「那覇へお越しの○○様はスタッフにお申し付けください」と、名指しで呼ばれてしまいました。

f:id:inakagakusei:20190926203226p:plain

地上スタッフに声をかけると、こんなものを渡されました。時間ないので急いでくださいね、とだけ伝えられたので、結局この紙が何なのかは分からず。保安検査の快速チケットかなんかなんですかね?結局那覇からの便も遅れて時間に余裕があったので、使う必要もなく終わりました。笑

 

第2ターミナルでスーツケースの宅配をお願いした後、すぐに第3ターミナルへ。本当はカードラウンジ「IASSラウンジ」に行ってみたかったのですが、この時点では時間がないと思っていたので諦め。

 

あ、なぜ第3ターミナルかというと、ジェットスターとのコードシェア便への乗り継ぎだったからです。予約時の便名はJL○○○ですが、実態はジェットスターの運行。LCCには何回か乗ってほとんどすべてで痛い目に遭っているので、もう2度と乗らないと決めていたのですが、このパターンでは仕方ありません。たぶんこれが最後の成田第3ターミナルです。

 

そして、僕がほぼ完全に悪いのですが、保安検査を通ったあとで自分の便が1時間以上遅れていることに気付きました。戻るのもあれなので、仕方なくそこで待つことに。ラウンジ行きたかったなぁ。

1時間待って、ジェットスター便に乗り込みます。

 

機内サービスのまったくない2時間半ってすごく長く感じますね。あとJALプレエコからのLCCの落差がすごい。めちゃくちゃ狭く感じました。まあ仕方ないですね。これが”修行”なんだと、心に言い聞かせながらのフライトでした。

 

那覇についたのは23時過ぎ。

後ろの方に座ってたのもあり、降りてゆいレールの那覇空港駅に着いたのは23:20頃。23:30発の終電に乗りました。沖縄デビューは終電というまさかの幕開けでした。

ホテルに着くころにはもう日が変わるころで、くたくただったのですぐにベッドに入って寝ました。

 

以上、シドニーから那覇までの旅行記をお伝えしました。

ではまた!

 

最後に那覇の半日旅行の模様も載せておきます。

那覇半日旅行記 首里城行くなら、ゆいレール1日乗車券を。こんにちは!学生修行僧のホールディングです。 先日、オーストラリアから帰国してきました。 その際、成田→那覇→羽田と移動したので...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です